東京 上野の魅力とは

東京 上野と言えば、やはり上野動物園がすぐに思い浮かんで来るのではないでしょうか。
「動物園?」
と言う人もいるかもしれませんが、深く考えずに行っても新たな発見ができるかもせれません。
入園料は子供は無料。大人も信じられないくらいリーズナブルですし、華族で行ってもいいし、カップルで訪れても何が子供の頃を思い出して、懐かしさと感動を呼び起こさせてくれるのが、この動物園です。
春の桜の満開の時期になると、もうあちらこちらで花見客で、こちらも満開!
そんな動物園と公園を楽しみに訪れるお客さんが、地方からも集まってくるのでしょうね。
また、その隣には国立美術館もあり、有名な画家の絵画も展示されており、人生の中で一度しかお目にかかることのできない物も少なくありません。
一度、上野を訪れると、何度も楽しめるスポットがたくさんあります。
帰りは、上野のアメ横で新鮮な食材を購入して、自宅でささやかなパーティーをするのも一興。
それでいて、街の物価は東京都内とは思えないほどの安さ。
若い人も年配の人も、行くことが楽しくなりそうな街です。
ちょっと足を伸ばすと秋葉原もあります。どちらを先に行ったとしても、必ず上野には足を運ばないと、後悔すること間違い無しです。

都会と下町が融合した街、それが上野。

上野という街は比較的都会な雰囲気と、古き良き下町のニオイを残した東京らしい街だと思います。台東区に位置する上野で有名なのはやはり上野動物園とアメ横通りだと思います。よく地方からの修学旅行生や観光に訪れた外国人を目にします。また上野駅自体も広く、山手線や高崎線など数ある路線が通っています。JR線のパンダ橋口改札を出ると広いエントランスになっており、ホームレスがたくさんいます。また、駅ビルというカタチになっていて、アトレ上野というモールとしても有名です。ショッピングや食事も楽しめますし、なかなかオシャレなお店が多いです。上野駅を中心として、平日からたくさんの人で溢れかえっています。休日は街自体が窮屈になるほど、色んな人種も兼ねて人の行き交いが激しいです。また、上野の特徴として昼間からやっている下町の飲み屋なども多いので、上野ならではの雰囲気を楽しむ事が出来ます。他の地域と比べてみても国際色が強い印象も受けます。上野に足を運ぶ度に数多くの外国人を目にします。上野近辺に位置する大きな街として、秋葉原もあります。上野の魅力はたくさんありますが、都会的な雰囲気と下町のなごりが混ざり合った、まさに「東京らしいニオイ」が上野という街だという認識で間違いありません。

上野という街は一言で言うと「ごっちゃ混ぜ」です。

この町の特徴としては、一言で言えば「ごっちゃ混ぜ」です。アメ横にしろ、上野公園にしろ、平日の午後でも人が大勢います。そして平日の夜になると、サラリーマンがアメ横の居酒屋などで愚痴を言いながら最後の終電まで上司、お得意さんと付き合う姿には凄い!と思います。
アメ横というと「安い!」「庶民の味方」というイメージがあります。
アメ横には最近、外国人がよく訪れています。特に旧正月時の中国人の「爆買い」には私達がかつて経験した時期を頭の中でよぎります。
上野駅から東に「浅草通り」があります。ここは、古くからの専門店が多く残っているので、下駄、お箸、傘などを買う外国人も最近は多く見られます。また、この通りの専門店で買うと「品質がいい!」と外国人が来日したあかつきにお土産として買っていく外国人も多く見られます。
上野駅を公園口に出ますと、「パンダ」で有名な上野動物園があります。連休が続くと「パンダを見に大勢の子供たちがパンダを見に来ます。動物園の周りは公園になっていて、ソメイヨシノ(桜)が咲きだすと、週末になると各方面から大勢の人で賑わいを見せています。上野公園の中には寛永寺、あまり知られていませんが東照宮があり公園自体が1つのパワースポットになりつつあります。
上野は東京の「北の玄関口」と言われてきましたが、「上野東京ライン」の開通により少しずつですが、駅の利用客の流れが他の街に奪われつつあります。街の皆さんは上野の街を必死に盛り上げようと頑張っております。

今回の参照元
上野出張マッサージ

上野deデート

デートをするのに上野はなかなか選ばないスポットではないでしょうか?六本木や銀座、渋谷などに比べて、デートにはなかなか使われないスポットである上野ですが、オススメの場所がたくさんあるので簡単なプランでご紹介します。
まずは動物園からスタート!緑がたくさんある動物園は歩いているだけでも気持ちがいいものです。動物を見れば会話も弾むし、癒されますよ。たくさん歩くので、ヒールなどの歩きにくい靴はやめましょう。動物園が終わったら、不忍池でまったりボートを楽しみましょう。亀が顔を出しているところがよく見られてかわいいです。
次はランチです。公園のベンチに座りながらコンビニでパンを買って食べるのも良し、お店に入るのも良し、選択肢はたくさんあります。
そして午後からは美術館と科学館を巡りましょう。興味がないという人も、たまに見ると面白い場所です。定期的に期間限定の展示イベントなどもやっていますので、ネットでチェックするといいでしょう。美術館が終わったら科学館へ。こちらも、普段触れることがない科学を見ることができ、頭が良くなった気になれるのでオススメです。午後は美術館と科学館であっという間に時間が終わるはず。そしたら夕食を食べて、デート終了です。
上野はショッピングもできるので一日いても足りないくらいの場所です。上野がお気に入りの場所の一つになりますように。

庶民の町と文化の町、上野周辺

上野のアメ横は、カジュアルな服屋が並ぶところです。手書きの値札を付けてあり、1000円ぐらいで安く買えるのがメリットです。ノーブランドでもかまわないという寛容な人には、おすすめの商店街といえます。アメ横の由来は、戦後に飴を売る店が数百あり、アメリカ軍の余剰物資や中古品を売っていたことです。一時期、多種多様な物資の売買が行われ治安が悪化していたため、近藤マーケット(約80店)を作らせて怪しい店を排除しました。東上野には、アメ横から派生したキムチ横丁があります。キムチ横丁は在日韓国人・朝鮮人が作ったものです。
上野公園には、不忍池(しのばずのいけ)があり、7月に咲く蓮の花が有名です。美術館に行った帰りに、立ち寄ることのできる憩いのスペースとなっています。上野動物園は上野公園の中にあり、日本でもっとも古い公園です。戦後から1974年までは、お猿の電車があって猿が運転するアトラクションがありました。この方面には博物館もあり、博物館動物園駅という駅が1997年まで開業していました。現在は、廃止されていてありません。
庶民的な商店街があって、動物園や美術館や博物館といった文化的な所もあります。それらが庶民の憩いの場としての、上野周辺の文化です。

西口と東口の対照的な上野の街並み

上野は東北地方の東北本線や常盤線の終点でもあり、沿線から都心に通勤している人たちは、ここが乗り継ぎの地点にもなります。上野界隈というと、西口は勿論、上野公園や動物園、それに東京文化会館や国立の博物館、それに芸術大学など、緑地公園や文化の殿堂とも言われています。
一方、上野は御徒町やアメ横等の近辺を含めて、東北人や茨城のズーズー弁を交えた、あの雑踏の雰囲気が何ともいい感じなのです。 中でも、アメ横は、上野駅間のJRの高架橋西側と高架下に沿った長くに伸びる商店街を指し、正式な名称はアメ横商店街連合会といい、他にもアメヤ横丁とか、アメ横商店街などと通称されることが多く、商店街の看板にも「アメ横」と表示されています。
そのアメ横の商店街の規模は、凡そ400mにも及び、現在では実に400軒以上の店舗が軒を並べています。
そして、アメ横に隣接して上野仲町通りは、繁華街や盛り場、風俗店も並んでいて、最近では外国系の風俗店も多くあり、一寸、怪しげな雰囲気か漂う一角にもなっています。 外国人の女性達の特に、アジア系やフィリッピン系の変わった異色の風俗街を構成しているのも特徴でしょう。
このように上野は、西口の文化学園や緑の公園施設などと、東口の雑踏とした繁華街や盛り場が立ち並び、対照的な街並みを構成しているのが特徴でしょう。

東京都の上野について

私は都内近郊に住んでいるので、昔からよく上野に遊びに行くことがありました。上野駅は東京都の台東区に位置し、都内でもやや北方面にある場所で近隣には墨田区・荒川区・文京区があります。
上野といえば、西口には上野動物園のある「東京都上野恩賜公園」が思い浮かびます。この公園は、動物園だけではなく、大きな池と、春になれば桜の花見スポットとして観光客が大勢訪れる場所で有名です。この花見の様子は過去に何度もテレビで中継されていたのを覚えています。
また、お参りで訪れる人の多い浅草もさほど遠くない場所(東側)に有り、浅草方向の反対側(西側)になりますが、東京ドームもそれほど遠くない場所にあります。徒歩圏内では学業の神様として知られる「湯島天神」もあり、学生の受験祈願として訪れる人は多いようです。
電車での交通アクセスもよく、新幹線の停車駅もあり、JRでは京浜東北線・山手線・宇都宮線・高崎線・常磐線、私鉄では京成線の停車駅があります。地下鉄の駅では銀座線・日比谷線があり、乗り換えも上野へのアクセスも非常に便利な駅であると思います。
上野駅の南側には、隣のJR御徒町駅まで続く商店街「アメ横」があり、週末や、特に年末に買い物客で大変賑わっていることは有名で、この商店街もよく年末時期等にテレビで買い物の様子が特集されているようです。

上野は迷いにくい街

上野は、山手線の駅というだけでなく、各線乗り換え駅でもあります。乗降客が多い上野ですが、その割には、比較的シンプルな街のつくりになっています。超高層階の建物もないですし、アメ横やバイク街といったところも非常に解かりやすいです。地下街もないし、平面的です。上野駅から御囲地町駅に向けて沿線を歩けば、それがメインストリートだから、迷いようがないと言っても過言ではありません。
上野は、浅草や御囲地町等の下町に近いだけあって、山手線沿線にしては、非常にリーズナブルな飲食店が多いです。また、所狭しと店内に並べる販売スタイルにより、商品の種類も豊富だし、価格も安めです。観光客もいますが、若者や主婦等の買い物客が多く、人通りが多いため、凄く賑わっている感じを受けます。特に象徴的であるのは、大晦日等です。歩けないほど人だかりであり、初詣の有名神社のような感じになります。そこへ威勢のいい商売人の声が聞こえてきます。まとめて買うのがお得なのもアメ横流です。また、値切る事も可能です。特に夕方以降の時間帯になると、魚介類は、値引いてくれる可能性が高くなります。こういう光景は、昔ながらの商売風景であり、日本全国の商店街が寂れてきており、見かける事が少なくなりました。

国際色豊かな上野アメ横商店街

上野エリアの観光名所の1つに、有名な「アメ横」があります。戦後、上野駅付近に開かれた闇市が起源だと言われていますが、鮮魚店を中心とした様々な食料品店、飲食店、衣料品店などがひしめいて混在しています。年末年始のニュースで、安い食材を求めて来る買い出し客で大賑わい、威勢のいい叩き売りのイメージが大きいかと思いますが、最近では、国際色豊かな店や外国人の観光客も増え、アジアの雑多な雰囲気を感じることができます。食料品のほかにも、ミリタリーショップや化粧品店、雑貨店などで掘り出し物やお安い品が買えたり、そこの店にしかないオリジナル商品などがあったりと楽しい発見のある商店街で、一日いても飽きないかも。女性に特におすすめなのは、髪飾りのお店。完全オリジナル製作のバナナクリップで、スワロフスキーで飾られた豪華なプラスチック素材のユニークな髪飾りは、ロングヘアのかわいい店員さんが実演販売してくれます。男性におすすめなのは、裏路地にたくさんある、洋品店。ユニークでかっこいいデザインのTシャツがたくさん揃っています。ショッピングに疲れたら、ケバブサンドや肉まん、小龍包、ホットックなどのアジアンファーストフードをほおばり、ひと休みがおすすめです。

東京の上野といえば、上野公園は外せない

東京都の中でも、上野は非常に大きくて都会的な地域だと思います。私も何度か言ったことがありますが、とても印象に残る部分が大きく、是非多くの方に見てもらいたい地域ですね。特に、上野の街を代表するのは、上野公園だと思います。一見すると公園というにはあまり広い場所で、ここはいろいろな多目的スペースとしても使用されています。特に上野公園がスポットライトを浴びる季節というのが、春のお花見の時期だと思います。日本の中でも屈指のお花見に適した人気の場所で、毎年桜が咲く季節には、場所取り合戦が繰り広げられています。やはり東京でお花見をやるとしたら、1度くらいは上野公園でやってみたいと思っている方も多いのではないでしょうか?桜は何処で見ても綺麗なものですが、これだけ周りに自然が多くて、広大な場所の桜と言うのもなかなか味わうチャンスないと思いますから、みんなここをお花見の場所として選ぶのでしょう。お花見以外では園内は非常に広いですから、散歩コースとしてもオススメかもしれません。1回じゃ全てを見て回れないくらいに広いですから、本当に普段の遊びからお花見のような季節限定のイベントまで、多くの機会で利用できる上野公園は是非1度足を運んでほしい場所です。