上野の三大博物館

上野公園にある東京国立博物館、国立西洋美術館、国立科学博物館を紹介します。明治5年に創立され、日本で最も古い博物館が東京国立博物館です。日本をはじめ東洋の文化財が11万点収蔵されています。展示品は3千点で、定期的に展示品の入れ替えがされています。1階には彫刻や陶磁など分野別に並べられており、2階は時代順に並べられています。一般料金は600円となっており、開演時間は、火〜木曜日は9時30分〜17時、金曜日は9時30分〜20時、土、日曜、祝日は9時30分〜18時までとなっています。西洋の美術品を展示してある国立西洋博物館には、19世紀を代表するフランスの彫刻家であるオーキュスト・ロダンの作品「考える人」を展示してあります。宗教画のルーベンス、印象派のルノワール、モネやゴッホ、現代のピカソやポロックなど幅広い作品を展示してあります。一般料金は420円となっており、開演時間は、火〜木曜日、土、日曜日は9時30分〜17時30分、金曜日は9時30〜20時となっています。
おもしろい科学を楽しむ事ができる国立科学博物館は1万点の作品を展示しています。地下2階には、「地球環境の変動と生物の進化」をテーマにしており、恐竜の骨格標本が展示されており、その大きさに驚かされます。一般料金は500円となっており、開演時間は火〜木曜日、土、日曜日は9〜17時、金曜日は9〜20時となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です