上野のイメージ

子供の時は上野というと、上野動物園のイメージしか無かったのですが、大人になってから良く行くようになりました。上野公園は日本一の桜の名所ですし、東京文化会館ではクラシックやゴスペルのコンサートを聴きました。
国立西洋美術館、東京都美術館、東京芸大美術館、上野の森美術館などでは面白い展示が行われるだけでなく、中のカフェやレストランも充実しています。国際子ども図書館も建物がレトロで、絵本の展示が行われていて良い雰囲気です。上野公園内の中でも特に、大人になってから好きになったのは東京国立博物館です。日本の文化が時代ごとに展示されていて、博物館だからと食わず嫌いしていなければ良かったと思いました。季節限定で解放される庭や正月のイベント、正月独自の展示も気に入っています。国立科学博物館だけは行ったことがないので、いつかは行きたいです。
食事は公園内の売店のパンダ焼きやカフェテリアのパンダカレーなどもベタですが好きです。不忍池のあたりではたまに骨董市が開かれていますし、アメ横のセンタービルの地下の輸入食材店を見て回るのも面白いです。駅構内の猪熊弦一郎さんの壁画やアトレ上野のお店も好きです。つい最近、東上野を歩いていたらオートバイ街を発見しました。上野はいろいろな楽しみ方ができる町だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です