上野という街は一言で言うと「ごっちゃ混ぜ」です。

この町の特徴としては、一言で言えば「ごっちゃ混ぜ」です。アメ横にしろ、上野公園にしろ、平日の午後でも人が大勢います。そして平日の夜になると、サラリーマンがアメ横の居酒屋などで愚痴を言いながら最後の終電まで上司、お得意さんと付き合う姿には凄い!と思います。
アメ横というと「安い!」「庶民の味方」というイメージがあります。
アメ横には最近、外国人がよく訪れています。特に旧正月時の中国人の「爆買い」には私達がかつて経験した時期を頭の中でよぎります。
上野駅から東に「浅草通り」があります。ここは、古くからの専門店が多く残っているので、下駄、お箸、傘などを買う外国人も最近は多く見られます。また、この通りの専門店で買うと「品質がいい!」と外国人が来日したあかつきにお土産として買っていく外国人も多く見られます。
上野駅を公園口に出ますと、「パンダ」で有名な上野動物園があります。連休が続くと「パンダを見に大勢の子供たちがパンダを見に来ます。動物園の周りは公園になっていて、ソメイヨシノ(桜)が咲きだすと、週末になると各方面から大勢の人で賑わいを見せています。上野公園の中には寛永寺、あまり知られていませんが東照宮があり公園自体が1つのパワースポットになりつつあります。
上野は東京の「北の玄関口」と言われてきましたが、「上野東京ライン」の開通により少しずつですが、駅の利用客の流れが他の街に奪われつつあります。街の皆さんは上野の街を必死に盛り上げようと頑張っております。

今回の参照元
上野出張マッサージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です